時代を超えてライダーを魅了し続けるバイク

cb.gif


ボクにとって「ナナハン×空冷×CB」というコトバを聞いて最初に思い出すオートバイがCB750Fです。

1979年のRC04(CB750FZ)の発売からFA→FB→FCと時代と共に進化と遂げてきました。現在も後継モデルとなるCB750が発売されていますが、あの流れるようなストリームデザインを持ったCBはFCで最後となりました。

CB750Fの発売から、かれこれ30年近く経った今でもCB750Fに憧れるライダーはたくさんいますし、現在でもCB750Fを乗り続けているライダーもいます。

時代を超えて多くのライダーを魅了し続けるCB750Fの魅力は一体何なのでしょうか?

ボクがCB750Fにこだわり続ける理由のひとつに、現在(いま)のホンダのフラッグシップモデルがCB1300SFに移行していることがあります。

“CB”の名前は付いていますがCB1300は水冷エンジンです。ハッキリ言って、これは“CB”じゃありません!

CBは空冷エンジンにこそ相応しい呼称だと思っています。

今のホンダは“次世代のCB”と言いますが、水冷エンジンであればCBRやCBXという系列がありますし、これは長年のCBファンからすれば納得できるはずがありません。

空冷エンジンの特別な思い入れの強かったホンダのオヤジ(故・本田宗一郎さん)が天国にいってしまった翌年に発売されたのが、水冷エンジンを積んだCB1000SFでした。

つまりオヤジの思いの詰まった「世界で一番美しい」と呼ばれた空冷エンジン(CB900Fよりフィン一枚少ないですが)を積んだCBは、CB750F(CB900F)が最後になってしまったのです。




posted by cb750f at 08:44 | CB750F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開発コンセプト

CB750Fは『“不沈艦”の異名で語り継がれる、70年代最強の耐久レーサーRCB1000のイメージをダイレクトに受け継ぐ、サーキット最速・最軽量のスーパースポーツ』というコンセプトをもとに、CB900Fと同時に開発されました。RCB1000とはホンダが耐久レースに本格参戦するために開発されたレース専用車です。初挑戦のヨーロッパ耐久選手権の開幕戦でいきなり優勝し、8戦7勝でメーカーズ・ライダーズチャンピオンという偉業を成し遂げた伝説のマシン。あの流れるようなストリームラインは、まさにRCBを彷彿させるものです。レース車両と市販車をここまで強く関連づけたバイクは、このCB750Fがはじめてだったそうです。そして、シャープなタンクのラインが、美しい空冷エンジンをより引き立たせていますね。

CB750Fのエンジンは基本的にはCB750Kと同じですが、よりスポーティな出力特性とするためにカムシャフトを変更し、吸排気系はCB900Fをそのまま流用して、900Fと同様のシャープな吹け上がり感や、スポーツバイクにふさわしいスロットルレスポンスを実現しています。また、足まわりもCB900Fと同じものを使うことでレベルの高いスポーツ車に仕上がってるのです。
posted by cb750f at 16:20 | CB750F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CB750F マフラー

CB750FはRCBゆずりのスタイルに新開発の4バルブDOHCを搭載して登場しました。コムスターホイールやトリプルディスクなど、当時最新のテクノロジーを満載したCB750Fは、従来ナナハンのベストセールスモデルが月販200台程度だったのに対して、CB750Fは1500〜2000台も売れるという驚異的な大ヒットとなりました。

また、日本向けのCB750Fはアメリカ向けのパイプハンドルに対して、わざわざ高価なジュラルミン鍛造のハンドルに変更して発売されました。この背景には、当時の日本では暴走族が社会問題になっていて、当時の暴走族が低いハンドルが主流であったため、暴走族のハンドルと差別化する意味と、前方視認性も損なわないし、ハンドル操作に影響がないことを主張するためだったと言われています。もしかすると、やたらにアップハンドルのCB750Fが発売されていたかもしれないのですね。こうした時代の影響を受けたのはCB750Fのライバル車となるスズキGSX750S(通称カナタ)です。発売された日本向けカタナはトラクターハンドルと呼ばれるハンドルでしたね!

また、CB750Fのマフラーは開発者のこだわりが伺えるデザインです。CB750Fを後ろから見たとき、マフラーが内側に絞り込まれた角度は絶妙です。多くの人は集合マフラーに変更してしまいますが、ボクはCB750Fはノーマルのマフラーが一番美しいと思います。
posted by cb750f at 16:49 | CB750F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする